カテゴリー別アーカイブ: 消費者金融の体験談

日本社会が直面する、認知症「1300万人」時代の記事を読んで

認知症の問題を最近テレビやネット、新聞などで目や耳にする。私自身も他人事ではない。

なぜなら、95歳の祖父が認知症だからだ。90歳過ぎても祖父はわりと元気で日常生活や身の回りのことを自分でしていた。それがある日、土手のサイクリングコースを散歩中のこと、その土手から頭から落ちてしまったのだ。そこで頭をうったことで、認知症の症状が出るようになってしまった。もしかしたら、以前からあったのかもしれないが、一緒に暮らしていた家族は分からなかった。それからと言うもの、曜日の概念がなくなってしまったり、何度も同じことを聞くようになってしまった。一番困ったのはトイレで、お漏らしをするようになってしまったのだ。それまで自分で排泄ができていたのに、排泄もできなくなり大人のオムツが必要になった。でも、祖父はオムツを使用することを最初拒んだ。家族が頼み込んでようやく、オムツを受け入れてくれた。日に日に祖父の症状は悪化した。その様子をみて、家族は決断した。老人施設へはいってもらうことを…。

これと同じ状況にある家族は日本全国たくさんいるのではと推測する。認知症の症状はだんだん悪化していくものなので、初め気づかない場合がほとんどなのではと思う。症状が悪化して初めて問題になるのではないだろうか?祖父のように老人施設へ入ることが出来た人はラッキーなのかもしれない。家でケアしなければならない場合、その家族の負担は計り知れない。家族が早めに気づいて適切な処置をとれば幸いだが、家族が気づかない場合もありうる。一緒にいると、それが当たり前になってしまって、さほど問題に思わない場合もある。また、一人暮らしのお年よりはもっと深刻だと思う。即日融資 来店不要

家族単位では補えない問題として、社会全体で認知症にとりくまなければいけない時期に来ていると思う。そして、近い将来自分の両親もこの問題が起こりうるのではないかと、器具せざる終えない。そしていずれ、自分にも降りかかるのかと思うと消して他人事ではない。子供に迷惑をかけたくはないので、認知症の予防方法をぜひ確立して世間へ広めてほしい。できれば、学校の教育現場で教えてほしい。認知症の患者との接し方や、その予防方法を学校の授業で取り上げてほしい。

米共和党、オバマケア撤廃に失敗

共和党とトランプ大統領が進めてきたオバマケア撤廃法案が賛成票不足ということで採決にかけられないことになりました。もともと民主党からの賛成はゼロで、共和党だけで過半数を取らなければなりませんでした。下院は定数が435ですから法案可決に必要な過半数は218です。現在のところ下院共和党の議席は237ですから、造反議員は19人までしか出せないことになります。結局それ以上の共和党議員が反対を表明していたということでしょうね。
今回の投票に先だって議会予算局が今後の予測を出していたのですが、それによると共和党の代替案では即座に1,400万人が保険を失い、その後2026年までに保険を失う人の数が2,400万人に膨れ上がるとされていました。これに危惧を抱いたのが穏健派でした。地元からたくさんの反対の電話をもらって、法案に賛成はしかねるという議員がいたようです。また逆に保守強硬派からの反対もありました。保守強硬派は共和党の代替案をオバマケアライトと呼んで、オバマケアの条項が一部残り、政府の財政支出も大きく、まだ十分撤廃になっていないと主張したのです。
もし穏健派の意見を聞いて、保険を失う人の数をもっと少なくするようにすれば、保守派からの反発はさらに大きくなり、逆に保守派の意見を聞けば今度は穏健派の反発を招くというジレンマに指導部は陥ってしまい、結局法案取り下げとなってしまいました。

ここで面白く感じるのはアメリカと日本の議会制度の違いですね。日本では党議拘束がありますから、党が決めた方針に所属する議員が反対することはあまりありません。造反議員が罰を受けることもあります。小泉政権時代の郵政改革では造反議員が自民党を離党させられた上に、その後の選挙では刺客を送られ、多くが落選しました。
しかしアメリカは議員一人一人の独立性が強く、共和党議員だから自動的にトランプ大統領や共和党指導部が出した法案に賛成するというわけではないのです。そのため共和党指導部やトランプ大統領自身も反対する議員を一人一人説得していました。トランプ大統領などはもし反対するようであれば、次の選挙には勝てないかもしれないよと脅迫めいたことまで言っていました。しかしその努力も虚しく必要な票数を確保出来なかったというわけです。
ポール・ライアン下院議長はこれからテレビで今後どのようにオバマケア撤廃を実現するか議論すると言っていました。まだオバマケア撤廃を諦めていないような口ぶりですが、はたして今後共和党を団結させることの出来る法案を作れるのでしょうか?トランプ大統領もまだこれに政治的資源を使うのか、それとも次の減税などの問題に焦点を移すのか、悩ましいところでしょう。

今回の採択中止をアメリカのリベラルメディアは嬉しそうに伝えています。彼らはトランプ大統領から敵視されてきましたから、よほど嬉しいのかもしれません。「トランプ大統領にとって『壊滅的』な打撃」などと扇情的な言葉がニュースでは飛び交っています。ちょっとはしゃぎすぎという気がしますけどね。
このオバマケアの廃止は共和党にとっては法案成立当初からの悲願でした。そもそもオバマケアは一票の共和党の賛成もなく、民主党だけで成立したものでした。その後共和党は下院で多数派を奪還すると、これまでに60以上オバマケア廃止法案を通してきました。しかし上院を通らなかったり、上院を通ったとしてもオバマ大統領の拒否権発動でことごとく廃案にされてきました。また訴訟もたくさん起こされました。そして企業が従業員に提供する保険から避妊薬を適用対象外にさせるなど、一定の勝利も収めました。しかし完全な撤廃は実現出来ませんでした。
またトランプ大統領にとってもこれは選挙戦中一番声高に訴えたことでした。彼はオバマケアを「完全な大失敗」と呼び、自分が大統領になったら必ず撤廃すると選挙戦中から合計すると60回以上約束してきました。そしてもっと安く、もっと多くの人が加入出来るよりよいものに替えると言ってきたのです。しかしその約束が見事に頓挫してしまったことは、彼にとってやはり「壊滅的」な打撃なのかもしれません。

オバマケアはアメリカ人にはあまり好まれていません。その一つの理由が保険料が高騰したことです。アメリカ政府のまとめでは2017年に保険料が平均25%上がると分かりました。オバマ大統領はオバマケアにより保険料は下がると言ってきたので、これは大きな誤算でした。トランプ大統領当選の原動力のひとつになったかもしれません。オバマケアによって初めて保険に入ることが出来た人達とは違い、オバマケア以前から自分で保険に加入していた人達にとっては、自分にとっては何も変化はないのにオバマケアのせいで保険料を余計に払わされることになったのです。他人の保険のために自分がなぜお金を払わされるのかという気にもなるでしょう。
そしてまた嫌われているのが強制加入です。アメリカ人、特に保守派は政府が自分たちの生活に介入してくることを嫌います。政府が国民に無理矢理保険に入らせるなど、彼らにとっては政府の越権行為にしか見えないのです。ですから彼らにとって今回の失敗は大きな失望に違いありません。
実はオバマケアは保険会社にとってもあまりおいしい商売ではありません。オバマケアの元では利益がなかなか出せないため、オバマケアから撤退する保険会社が何社かでています。そのためオバマケアは放っておけば自滅する言われています。
一方でオバマケアのおかげで保険に入れるようになった人達はもちろん今回のことを喜んでいるでしょう。病院も保険に入った人が病院にかかるようになり、無保険の人から治療費を取りっぱぐれることが減ったので喜んでいるといいます。
今後共和党は再度撤廃に挑戦するのか、それとも民主党と協力してオバマケアの修正に向かうのか、どちらになるのでしょうか?即日融資キャッシング

金欠になったときの私の対処法

月末、給料の1週間前が一番しんどい一週間です。なぜって?いつも思うけど、こっちが聞きたい、なぜいつも足りないのかって。そう、急な結婚式や葬式、出産祝いなどであっという間に諭吉が飛んでいきます。あと二万円で10日間、余裕じゃんって思ったときに緊急なことが起こります。そんなときは、2千円お財布に入れます。家族がいますから、食費は削れません。だから、あと1週間のときはまずカレー、ひき肉で餃子、肉じゃが、などひき肉ならひき肉で統一したメニューを考えます。そして、サラダや煮物もジャガイモやにんじん、玉ねぎで考えます。フライドポテトや玉ねぎをスライスしてシーチキンとマヨネーズのサラダ、お味噌汁などです。そして、極めつけは、買い物に行かないことです。あ、調味料が足りない、トマトが欲しいと思っても我慢したら、家にあるものでなんとか作れたりします。足りないもの1つ買いに行くと、あれもこれも買ってしまします。だから、スーパーやショッピングモールには近づかないことをおすすめします。そして、余裕があるときは緊急用のお金を準備しておきます。そしたらいざということに対して余裕を持って対応できます。月末にお金を見ながらイライラしないためにおすすめです。総量規制対象外 カードローン 審査

クレジットカードをすぐに受け取れるアコム

色んな企業がクレジットカードの発行をしていますが、だいたいが、申込をして何日か経ってから簡易書留などで郵送されて来て受け取るパターンが多いと思います。何でも契約したらぱっとカードを貰えて、さっとカードを使える方が良いと思います。そんな風にすぐにカードを受け取れる企業があるのです。それは何と、消費者金融業のアコムのクレジットカードなのです。アコムのクレジットカードは、ACマスターカードと言うマスターカードのクレジット機能が付いたカードです。マスターカードだから世界の加盟店でも使えるので、すごく便利なものなのに、すぐにその場でパッと受け取れると言うのは、すごく嬉しいと思いました。それは、むじんくんという自動契約機ですぐにカードが出て来るのです。そのむじんくんの自動契約機は、対応できる機械と対応していない機械がありますので、注意が必要ですが、対応できるむじんくんの機械は全国に338箇所もあります。ぱっとカードが出て来てサッと使えるので、じれったい郵送を待たずに済みそうです。アコムのACマスターカードは、使用すれば、全ての利用が分割払いとなります。だから返済も楽ですから、利用価値は非常に高いものだと思います。利息も10~14.6パーセントで、高くないので良いクレジットカードだと思います。カードローン審査甘い

今すぐにでもお金が欲しいとき、アコムなら早い。

人間というのはまことに不思議なもので、急な出費のときに、まず考えることは、もっとも身近な人からお金を借りるということなんですね。友人、同僚、あるいは自分の家族から。頼み込めばなんとかなる、そういう考えなのでしょう。しかし、これはちょっと怖いかもしれません。たとえば、親友からお金を借りた場合、もしもそれが約束通りに返せなかったら、これは目も当てられないことになるわけで、それまでの信頼関係もなくなる場合もある。それなら、いっそのこと、消費者金融から借りようか、ということになるわけです。消費者金融なら、お金を貸すのが商売ですから、快く貸してくれるはず。最近はこうした消費者金融もかなり安全になりましたから。そんなときにはアコムがおすすめです。お金がすぐに必要なとき、とにかくほんとうに重要なことは、借り入れの時間ですね。早い方が助かるわけです。アコムなら早い。カードローン借り換え まず、3秒診断で借りられるかどうかを判断して、本審査に。この本審査も約30分ほどで終わります。ですから即日融資ということも充分に可能なんです。そんなサービスを一つ一つ考えはじめたら、わくわくしてきます。アコムは経営母体が三菱東京UFJ銀行グループですから、安心して融資を受けることができるんですね。

消費者金融は上手に活用していきたいですね。

消費者金融というと、一昔前のイメージでは、使いたくない。使うべきでない。サラ金の様なイメージが一般論だったかと感じていますが、最近は即日融資や、短時間にて簡単にキャッシングできてしまうだけに、時代も変わったものだと感じますよね。

ただ、こうも便利な時代になると消費者としては、本当に心していかないといけない。

消費者金融を利用するということは、借金をしていることに変わりはないのでありますから、そこをはき違えない様にお願いしたい。

私が、消費者金融を利用するとしたら、無利息期間をまずはしっかりと確認してから利用します。

昔に比べたら、利息もだいぶ下がってはいるものの、利息はやはり払いたくは無いものですからね。

そして、消費者としては、会社も実に様々なだけに、サービス内容の違いもしっかりと確認してから利用していきませんか?

審査に通過さえすれば、即日短時間にて口座に入金してくれると、便利な反面落とし穴にも気を付けつかいたいですよね。

口座に入金されてくるお金は、あくまでも借りているお金です!貴方の現金とは違いますからね。あたかも、自分の銀行口座の様なイメージになりがちな様ですが、そこが落とし穴の様に思いますから気を付けて。

消費者金融の選び方とポイント

お金を借りるときは、急な出費やお金が不足しているなど、人によって理由はさまざまです。消費者金融の種類はたくさんあるので、どこを選んでいいのか悩む方もたくさんいるでしょう。

大手の企業を選ぶことは、ポイントです。TVやCMでよく見たり、耳にしたりする企業は、それだけ信頼度も高いため、初めてお金を借りる人には、返済までサポートしてくれます。

至急お金が必要な人には、当日利用のできる消費者金融を選ぶのがいいです。即日利用可能な会社には、インターネットでの申し込みが可能なので、会社の休み時間や手の空いているときに申し込みを行うことができます。ただし、その分金利が高く設定されていたりするので、長く利用するのであれば返済が厳しくなるので、一時的が望ましいです。

消費者金融は高めの金利が設定されているところが多いので、長く借りるには不利です。

各社の金利はそれぞれ異なるので、キャンペーンで無利息を実施しているところを選ぶのも、一つの手です。

返済の仕方もしっかり調べて選ぶのも、おすすめです。返済の仕方というのはお金を借りる上で重要なことです。店舗での返済なのか、ネットやATMでの返済なのか、なかには、銀行口座を持っていると便利な業者もあります。

無理しないように自分にあった消費者金融を選びましょう。

消費者金融が掲げている、即日融資、というサービスなら的確。

人目を避けてコソコソと、というわけではないのですが、人からお金を借りるということは、どこかに何とも言えない後ろめたさがつきものです。借金という言葉には、そう言うイメージがあります。

これは何も隠し事をしているのではなく、できることなら人に心配をかけたくないという配慮も少なからず作用しているのではないでしょうか。家族ならなおさらのことです。

そこで便利なのがキャッシングというシステムでしょう。このシステムは銀行でも消費者金融でも行なってるもので、特に消費者金融のキャッシングは、銀行よりも簡単で手軽だとされています。

融資までのスピードも、消費者金融が掲げている、即日融資、というサービスなら的確です。申し込みから審査、融資までの時間が極端に短い。急いでいる方には最適なサービスとなります。

今どきの消費者金融は昔ほどくらいイメージはありません。それはテレビのコマーシャルでも大々的に宣伝をしている通り、明るく安全なものとなっています。

このように消費者金融は、困ったときの救いの手といえるのではないでしょうか。前述の即日融資というサービスは、いまでは銀行系のキャッシングでも行なわれはじめています。でも、やっぱり早くて便利なのは圧倒的に消費者金融でしょう。